パートニャーのスキルを更新

 先週はイベントも少なくたくさん時間があったので、久しぶりにパートニャーのスキルを更新させてみました!いつ以来だろうか?グーグル先生で”パートニャー””スキル”で検索すると「鬼人笛」メインの攻撃力を上げるものが主流みたいなのでそれを一つ。団の方たちにさらっと聞いた時に「回復笛」「採取」をメインにしている方がいらっしゃったのでそれも一つ作成してみました!

 使用装飾品(ネコ援鬼励・極珠×2  ネコの鬼人笛珠×1  ネコの探検珠×1)
mhf_20171010_222834_116.jpg こっちが「鬼人笛」主体の組み合わせ、「支援」の効果で+20、「鬼人笛」の効果で+30ありました(得意行動を攻撃にすると効果が更にあがるかも?)。「支援」は近くにいないと効果がないのですが、パートニャーはできるだけハンターの近くに位置取りをするのでそこまで気にならないかな?wikiには「支援」より効果の高い「絆」を推奨していましたが組み合わせが難しかった…因みに似たような装飾品が非常に多くすごく紛らわしい…今では入手できない生産素材もある為、人によって作れる組み合わせが変わってくると思います。なので作成方法はカットして使った装飾品だけ載せておきますね(決して手抜きではない…決して…


 使用装飾品(ネコ回励音・極珠×2  ネコ鼓舞痺・極珠×1  ネコの探検珠×1)
mhf_20171010_222828_172.jpg こっちは「回復笛」主体の組み合わせ、体力が減ったらすかさず吹いてくれるので意外と便利。回復量は体力MAX150に対して100ほど回復します。結構良さげですね当たり前ですが撤退していると笛は吹いてくれないので「復帰術」を入れ、できるだけ戦闘エリアに居てもらうようにしています。「耳栓」が余りポイントで勝手に発動していますがたぶん役にはたたないでしょう…。むしろどちらの装備にも入れてる「探検術」「地図常備」「自動マーキング」の効果があるので非常に便利です1スロットで発動できるのも高評価!



 パートニャーのスクショ
mhf_20171011_184739_977.jpg
 と、こんな感じで2匹分の装備を新調しました!パートニャーの得意行動とスキルがマッチしていれば笛の効果など上昇するのでしっかり合わせたい所。自分の「鬼人笛」のパートニャーはモンスターの素材がほしいので得意行動は盗みのままにしています。得意行動はアイテムで変更可能(猟団長のみ交換可能)なので必要な方は猟団長に相談してみましょう。確かRP20ぐらいで交換できたはず

mhf_20171011_185217_351.jpg 残り1匹はどんな装備にしようか…。攻撃しない採取メインか「○○の調べ」を使って援護メインにするか…それにしてもやっぱり他のハンターのパートニャーより、自分のパートニャーが一番可愛いですね…!え?

裏かぐやの思い出

 現在お月見イベントで「アマカゲノツルギ」(太刀)が辿異武器へ強化可能になっていますね。この手のイベントで作れる武具は大して強くはないですが昔はそんなこともなかったですあれはそう…2012年の秋、フォワード4の頃ですね「ふわふわボールで夢心地」というお月見イベントで激個体の「ヒプノック」を討伐して「アマカゲノツルギ」とその他の武器が親方印やHC武器に強化できるようになったイベントです


公式ページ「月下幻想奇譚」2011-09-07
公式ページ「ふわふわボールで夢心地」2012-09-05
公式ページ「月夜に嘆く牙獣バレンタイン」2017-09-27


 初登場の「月下幻想奇譚」では特に目立ってはいませんでしたが、その翌年のお月見イベント「ふわふわボールで夢心地」にて「アマカゲノツルギ」がHC武器である「天煌亡剣【裏かぐや】」へと強化できました。この裏かぐや…攻撃力はさほど高くないのですが睡眠値が非常に高く、主に変種ヒプノックの睡眠ハメに利用されていました(寝る…起きる…威嚇…寝る…のループ)ハメと聞いて気分を悪くされる方もいらっしゃるでしょうが、4人で裏かぐやを持って適当なクエストに行っても(擬似的にですが)勝手にはまると言ってもおかしくないぐらいに眠りますそれぐらい睡眠値が高かったしかしフォワード5には変種の肉質が調整(下方修正)されることとなり睡眠でハメるよりも、より高い攻撃力の武器で殴った方が早くなったため廃れることとなりました…。イベント自体が9月の頭だったのでフォワード5までの約1ヶ月間猛威を振るっていた感じですねそれからフォワード5には覇種武器の「殻王獄刀【玉鋼】」がすぐに登場したのもありそれきり見ることはなくなりましたね~。

mhf_20171009_114441_267.jpg

 余談ですが「ふわふわボールで夢心地」に出てくる激個体のヒプですが辿異ヒプとは違う睡眠のシャボン玉を撒き散らします恐らく現在配信中のどのクエストにも登場しないので見に行くことはできませんでしたが、ネットで検索すると当時のブログやスクショなどたくさん出てくるのでよかったら探してみてください

MHF-G10の確認

MHF-G10の確認
2016年4月21日UPデート
1024_768_G10A.jpg

 このUPデートにて新武器種「スラッシュアックスF」が登場!プロジェクトRも着々と進んでいますが正直手遅れ感は拭えないです…目立ったイベントは「逆境無頼カイジ」とのコラボが大きいかな?広場には鉄骨渡りのオブジェが設置され実際に渡れたり、限定ジャンケンという今までになかったイベントが開催されていましたトイボックスでも団内イベントが行われイベントと合わせてアクションも取得でき(土下座とジタバタ(ジタジタ?))とても良いイベントだったと思います
アップデート情報
プレビューサイト




 モンスター・フィールド

新モンスター「グァンゾルム」「エギュラス」「ナルガクルガ」の実装
G級追加モンスター(ドス古龍3体)
新フィールド「雲見砦」の実装

 新モンスターの「グァンゾルム」ことグァンは新フィールドの「雲見砦」に登場。最初「極限征伐戦」又は「至天征伐戦」のどちらかで出るのでは?と噂されていましたが、そんな事もなくG級モンスターとして普通に出てきましたねグァンは小型モンスターである「エギュラス」を従え(公式では共生関係とあります)様々な攻撃を仕掛けてきます。珍しいことに遭遇時・形態変化時・討伐時とムービーが流れる特別仕様です!(スキップ可、チャット画面を開いてるとスキップできないので注意!)

 攻略面ではディス骨格なので嫌な予感はしていましたが予想通り足元はガチガチの肉質でした…。しかし塔武器のリーチ極長武器やガンナーであれば弱点である頭や翼を狙うことが出来るため、いつもと違う武器種での立ち回りができてこれはこれで楽しいモンスターでした今では辿異モンスターの登場で当たり前となっている超咆哮、超震動、超風圧を備えており、実装当初はスキルでの無効化ができずとても厄介。それと最近はもっぱら極みグァンの方へ行くので忘れがちですが、エギュラスによってエリア外へ出荷されたり空中からのメテオみたいな攻撃で即死攻撃も多用してきます。作成できる武器はMHFZである今現在でも辿異武器に迫る高性能。防具の方は精錬珠がなかなか優秀で今でも装備シミュで「贅撃」を組み込む時によくHITします

 一方新たな遷悠種の「ナルガクルガ」は本家の方でもそうでしたが回避が楽しいモンスターですね攻撃判定が一瞬のものが多いので避けて攻撃がかなり爽快!動きが早いので翻弄されがちですが基本的な行動は本家と同じなので後はタイミングを合わせるだけ。フロンティアをしながら別の動画や音楽を聞いてる人には難しいですがナルガの泣き声や着地音で画面外に消えてもどこにいるのか実は結構わかり易いです初登場であるMHP2Gではかなりお世話になっていたので懐かしさもあって何度もクエストに行きました

 作成できる防具は大変優秀であり、装備するだけで回避性能+2が発動!どこの部位も優秀でしたが特に頭防具には剛撃と一閃が入っている上、達人のスキルポイントが10もあったので頭防具を作成した方は非常に多いはず現在は辿異モンスターの登場で防具の耐性マイナスがかなりネックになっていますが、まだまだ優秀な防具だと思います武器の方も会心が高く毒属性だったので幅広く活躍したかと思います

 そして今回追加されたG級モンスターの「クシャルダオラ」「テオ・テスカトル」「オオナズチ」ですが、どれも強力でしたね~。クシャは状態異常に対して耐性というか反撃を行うようになっていて最初驚きましたが、剛種時代にヘビィで毒・麻痺弾をしこたま撃たれたのを根に持っているんだと思ったら妙に納得してしまいましたテオはシンプルに強い!スタンしやすい上、頭を攻撃してると転倒するので鎚との相性はG級でも良かったのが救いでしたね鎚のセリスィ・メーネを担いでよく討伐していましたナズチは謎の即死攻撃で実装当初はエリア移動でごまかしつつ狩猟していました舌(ベロ)での攻撃もかなり変化しており連続攻撃にはガード武器であってもスタミナが削りきられてしばしば乙していましたよ…OTL 作成できる武器にネブララピスと同じグラフィックの鎚があったのでなつかしくて作成したのを覚えています




 システム

HR/SRシステムの仕様変更
秘伝書の仕様変更
かんたん操作モードの実装
超越秘儀のTR(タワーランク)制限撤廃
ジャンプ機能の拡張
クエスト受注時のマイ弁当登録が可能に
「シンボルカラー」を新たに追加と取得条件の変更


 プロジェクトRの一環で従来のHR/SRの仕組みが大幅に変更されました。これまで1~999まであったランクが1~7までになり、「ギルド指定クエスト」(キークエスト)をクリアすると表れる「緊急クエスト」をクリアすることで次のランクへ上がる仕様に変更。大きく7段階に分けてこれまでのコンテンツを開放する仕組みへ変わったようですね。それに合わせてラスタやパートナー等仲間にするタイミング、秘伝書の入手や強化といったところも変更されG級までがチュートリアルな感じになったのかな?

 かんたん操作モードについてですが…すいませんまったく知りませんでしたどうやらマウスとキーボードのみで簡単に操作できるのだとか?因みに片手剣のみだそうです!新しい遊び方がひとつ増えそうですねこれは…

 ジャンプ機能の拡張は特定の操作で各施設へ移動することが可能となっただけなのですが、利用している方はいます…か?当猟団ではいつもの二人が瞬間移動して遊んでいるだけで他では見たことがないですあ、でもラヴィでは急いでボードへ行くのに利用している方はいるかも?

 マイ弁当登録についてなんですが公式には「クエスト受注画面でも、「マイ弁当リスト」から、「マイ弁当」を選択できるようにいたしました。」とあります。G8時点(マイ弁当実装時)ではクエスト受注時に選択は出来なかったみたいですね、すでにあやふやだ

 「シンボルカラー」は新しく励祭の桜が追加され(狩人祭で5000入魂で取得)既存の色は取得条件が緩和されました。全ての色を揃えると虹のシンボルカラーが取得でき時間経過で色とりどりに変化していきます。外装にシンボルカラー対応のモノが増えてきたのでどうせなら全種類取得したいですね




 装備・スキル

「スラッシュアックスF」の実装
新たなスキル「贅撃」「要塞」「剣斧技」の実装
武器のバランス調整


 このUPデートで「スラッシュアックスF」が実装されました。自分が使い始めたのはここ最近なので余り覚えていませんが実装当初は作成できる武器が少なすぎて文句を言われてた気がします逆に今は斧の歌姫武器が多すぎて一部の人から文句を言われているという極の型が出てからしかまともに使ってないので当時の事はイマイチ分かりませんが武器種として評価はどうだったんでしょうね?いきなり中間UPデートで上方修正されていましたが…。現在は個人的にですが強武器という印象があります。弱体化前の棍のようなぶっとんだ強さでなく、隙が少なく使いやすいですし光剣モードでの打点の高さ、モーション値の高さに加え攻撃速度が早いなどゲージに左右されるものの高い水準の武器種だと思いますネトゲは基本的に強い武器種に流れる傾向がある為、使用している人が多いというのがなによりの証でしょう

 斧は型によって必要なスキルがかなり変わったり、操作方法がややこしく敬遠していましたが操作に慣れると一気に楽しくなりますね必要なスキルも多種多用で様々なスキル構成を楽しめる武器種であると今では思いますトイボックスにも居ますが熱狂的な支持者が居るのも納得です

 新スキルの「要塞」はガード武器というかガード行動自体にメリットがなかったため余り注目されていなかったように思います。遷悠防具のガンキン(ガ性+2が発動する)防具もありましたしね。「贅撃」の方はデメリットを含めてもかなり強力なスキルで、紫ゲージの長い武器との相性が非常によかったと思います。発動させるポイントも10と低いので装備に組み込み易かったのもおおきいですね近接武器のゲージは色々な要素を持っていて、ゲージの色によって威力・属性が変動(上昇)し、青ゲージ以降は会心率が増えたりモンスターへの攻撃の弾かれ難さにも影響しています。そういった要素を考慮しても空色の切れ味から1段階下げた紫ゲージでの贅撃の運用が注目されていました。それと弓との相性もかなりいいですね~グァンが実装してからすぐに弓装備を新調した記憶があります

 今回のUPデートでは「双剣」と「ヘビィボウガン」のバランス調整がされました。ここ最近のバランス調整は基本上方修正ですね。双剣は各攻撃の威力の上昇、「乱舞旋風」からの回避行動のしやすさ向上、「刃打ち」から各種連携攻撃に派生が可能に…そして「双剣技【双龍】」発動時には鬼人化、真鬼人化へのモーションが早くなりました。ヘビィについてはクリティカル距離の前半部分でHITした際の威力が向上…前半部分ってなんぞや…より近い位置からクリティカル距離で狙えばいいということかな?ガンナーの仕様は詳しい人に聞いて下さい他には「重銃技【銃仙】」の攻撃力上昇効果を更に上昇、「通常弾」を圧縮リロードした際の攻撃力を上方修正とあります。自分のガンナーの記憶ってライトは超速射や拡散弾、ヘビィは毒・麻痺弾を撃つぐらいのものなので(どちらも仕様変更前)かなり謎が多い武器種です




 アイテム

「スキルカフ」のマイセット登録が可能に
新アイテム「ウチケシの実」の実装


 ここでやっと「スキルカフ」のマイセット登録が可能になりましたね長かった…スキルカフが登場してから何年越しなんでしょうね?そんなことは置いといて、新アイテム「ウチケシの実」が実装されました!結構重要遷悠種から増えてきた属性やられですが、現在は辿異種も増えてきて活躍の場は非常に多いでしょう。装備を組む際に耐性値をしっかり考慮していれば使う事はないでしょうが、発動スキルを優先させてしまうと全ての耐性値を確保するのはなかなか難しいですよねウチケシの実は広域にも対応しているので耐性が足りない場合はパーティメンバーに直してもらったり、直してあげると良いかもしれません

1024_768_G10_B.jpg

MHF-G10.1 2016年7月13日中間UPデート
プレビューサイト

新モンスター「ヴォージャン」「ジンオウガ亜種」の実装
新スキル「雌伏」「狙撃」の実装
「無双襲撃戦」にて「極み統べるグァンゾルム」の登場
「大航祭」の廃止と「歌姫狩衛戦」の開催
「スラッシュアックスF」のバランス調整
「真秘伝珠」の実装
プロジェクトR


 新モンスターには始種の「ヴォージャン」と遷悠種の「ジンオウガ亜種」が実装されました。ヴォージャンはこれまでのモンスターと違いかなり緩急の強い攻撃を仕掛けてくるので結構苦手です回避が早すぎて被弾することが多く、タイミングが合わせにくい厄介なモンスター。最近はラージャンと組んで「双頭襲撃戦」で暴れていますジンオウガ亜種は獄狼竜の読み方がごくろうなので”ご苦労”なんて呼ばれていましたが本家の愛称なんですかね?原種と同じく亜種もかなり手強くニフラムも搭載、属性やられで手持ちの消費アイテムがなくなるのは衝撃的でした外装はまだですか?

 新しく追加されたスキルの「狙撃」は弓専用のスキルですね。「扇射」+「連射」から「剛撃」+「狙撃」へ…と、言いたいですが自分は未だに扇射を使っていますガンナーは内包しているスキルが微妙に被っていたりするのでこの組み合わせとこの組み合わせで同じスキルが発動する、なんて事が起こります。剛撃が3以上でないなら狙撃を無理に入れる必要性はないはずなので(言い切って大丈夫かな?)必要なスキルを入れて、組み易い構成にするのがいいと思います自分は「弓鬼珠GX・白虎」が5つ(連射)なのでしばらくこのままでしょう…。「雌伏」の方はガードが成功するごとに10段階に分けて攻撃力が上昇します。10段階目ともなると最大300もの攻撃力が上昇するので(武器種によりますが)ガードできるランスやガンスでは必須レベルのスキルですねMHFZにてガード自体の性能が上がったので活用しやすくなったかと思います

 「歌姫狩衛戦」の第1回は最終調整的な意味を含め、第0回として開催されました。バックストーリーとして歌姫が倒れて~みたいなものがありましたが「祈樹の泉」で元気に歌っていたのでたぶん嘘です。G9.1のプレビューに出てくるあの男性は誰なのか…塔の謎も謎のまま終わり、ちりばめられた複線が放棄されていく…肝心のイベントの方は狩人祭とほぼ似たシステムで、なぜ「狩人祭」でなく「大航祭」が廃止したのか…。また謎が増えていく…(一応大航祭の参加人数が少ないからという理由だそうですが本当かな?)

 プロジェクトRはまだまだ続いており、一番反響があったのは秘伝書育成ミッション(MM)の統合ではないでしょうか?今まで武器種ごとに上げる必要があったMMですが、一番高い武器種のものに統一され上げ易くなりました。後は知名度ポイント廃止とアイテムボックス拡張がありがたかったですね。最大ページまで増えたのでボックスが圧迫されてたハンターは救われたはずこの他にはツタのぼりや剥ぎ取り・採取が○ボタン長押しで連続して行動できたり、防具の試着機能、リザルト画面の簡略化、そしてスラッシュアックスのバランス調整が行われました。




 疲れた…この記事書いてるだけで半日が消えた…ちゃんと読んでくださいね?最初と最後の方だけ見るとかダメですよ?書きもれてましたがこの中間UPデートの後ぐらいに「真秘伝珠」が発表され性能といい作成方法といい非難轟々でしたが今まわりを見てみると作ってる人結構居ますよね?不思議だ…因みに「Anniversary 2016 フェスティバル」が同時進行していましたがもう限界なのでまた今度まとめてますねさ、フロンティアしよ!

野良の募集を見てみる

 ブレイブ等へ行くとたくさんの募集が流れています。募集文には狩猟対象モンスターの他に指定募集…つまり武器種であったり装備であったり指定される事がままあります。その募集内容を纏めてみると今の環境で求められている大まかな装備の指標が得られるというわけですね。今回は野良募集から見る装備事情を個人的見解で記事にしてみます個人的にですよ?(予防線)



 比較的多い装備指定の一覧


○○剛5閃3or珠秘伝ココ!
○○珠秘伝ココ!
○○珠秘伝+剛3閃3ココ!
○○珠秘伝+剛5閃3ココ!
○○不退ココ!
○○不退○○(武器種)ココ!


 上記に満たない募集で剛閃6(剛3閃3など)ココ!のような募集も見ますが、その場合は募集主の装備が整っていない事がほとんどなので今回はスルー。一覧を見る限りここ最近変化はないように思えますが、割合がグッと変わったと思います。特に不退募集。Gラヴィが実装してから早2年が経とうとしているのもあり募集がどんどん増えてきましたね。そんなポンポン作れないはずですがネトゲである以上火力が求められる事と、また作成に関しては放置枠という抜け道?もあるのでコツコツ作成していた方は実は非常に多かったのでしょう。もしかすると高難易度のクエストが増えてきた事も関係して急いで調達した方もいるのかもしれません。狩煉道に至っては定番のPT編成が出来たのか不退ガラチン+不退鎚の募集をよく見ます。麻痺とスタンの相性はとてもいいですからねそこに最高火力である不退装備があれば比較的安全で早く進むことができるのでしょう。


 珠秘伝の募集については前々から非常に多かったですが細かい指定が見られるようになりました。パッケージによって1武器分の珠秘伝が簡単に作れるようになったのが原因なのかな?とも思います。パッケージで作成した人の大半はパッケージの装備と合わせて装備を作っているので、ほぼ珠秘伝+剛5閃1になっていたかと思います。初心者でも簡単に作成できるのでそういう人達を弾く、または珠秘伝+剛5閃1より珠秘伝+剛3閃3の方が火力が出ると思っている方が珠秘伝+剛3閃3を募集しているのかな?滅多に見ないですが珠秘伝+剛5閃3もたま~に募集で見かけます。


 そして今回気になっていたのが剛5閃3or珠秘伝という募集…結構見かけます。珠秘伝もしくは剛5閃3どちらかあればおkという募集なのですが秘伝と非秘伝が同列扱いされていますね。秘伝の価値が下がったのかもしくは辿異の登場で剛5閃3の価値が上がったのか…もちろん非秘伝でも発動スキルによっては適当な秘伝より火力は出ますが、この募集の真意は作成難度的なものじゃないかなと思います。剛5閃3の装備を作るには、剛撃と一閃の両方入った防具が必要になるのですが(課金防具もありますが)辿異を含めちょっと難しめのクエストをこなす必要があるのと、それなりに精錬をしていないと作成できません。つまるところゲームにある程度慣れた人を募集しているのかもしれませんね。

mhf_20170606_002852_212.jpg

 以上のような勝手な考察(妄想)はさておき、ここ最近不退での募集はどんどん増えてきています。が、やはり圧倒的に珠秘伝での募集が多いです。現在の装備が非秘伝の方ならば剛5閃3の装備を目指し次に珠秘伝装備を、珠秘伝を作成している方は珠秘伝+剛3閃3の装備を組むと募集に乗り易いかと思います(火力や装備の組みやすさとは別ですが)。またそれだけ野良では珠秘伝装備が最低ラインな扱いであると受け取れますね。一応書いておきますが、この装備以上じゃないとダメというわけではなくアクマでこの辺の募集が多く、広く求められてるというだけという記事です。自分は非秘伝の剛5閃3装備を作るのが好きなのでむしろ募集から遠ざかってるといっても過言ではないです秘伝装備組むより楽しいから…仕方ないんだ装備自由にしか入らないから許してくださいOTL

今更なHGEを体験

 記事用のスクショを撮るためにサブキャラで装備を作っていたのですが、気まぐれでHGE(ハイグレードエディション)なるものを利用してみました!パソコンのスペックが足りていないのでガックガクでしたけどねまぁモンスターと戦うわけじゃないのでちょっと我慢してスクショをたくさん撮ってきました普段家から出ないのでたまにはゆっくり風景を…あっ!必要でない外出は余りしないという意味ですよ!?



……。


…………。


 まぁたくさんスクショを撮ったわけです
最初は広場でNPCを撮っていたのですが、光が強く目が痛いので緑の多い密林の採取クエストへ出発。そこでパシャパシャ撮ってきましたが普段と雰囲気が全然違うのでかなり新鮮でした


一部のスクショをペタリ
mhf_20170928_142235_478.jpg


mhf_20170928_142541_496.jpg


mhf_20170928_142716_561.jpg


mhf_20170928_143336_608.jpg


mhf_20170928_143050_428.jpg普段からHGEにしてる人には何の変哲も無いスクショですが自分はかなり驚きです水もなめらかだし色も映えてて普段と全然違うメゼ広場は正直光が当たりすぎてて目が痛かったですが密林は温かみのある光加減


mhf_20170928_142735_131.jpg


mhf_20170928_143231_198.jpg


mhf_20170928_143414_546.jpg


mhf_20170928_143459_520.jpg


mhf_20170928_143441_352.jpg こんな感じでぐるっと密林を一周して広場へ戻っただけなのですが満足感がすごい!心が洗われるようです最初NPCのパンツをHGEで撮ろうとしてたのがアホみたいですね…(賢者タイム)













10/2追記
mhf_20170928_140119_429.jpg とっておきの一枚を…!見えてしまっては醒めるので見えそうで見えない…!そういうあれです!パンツが見たければ団部屋でレスタのでも見とけばいいんじゃないですかね?あそこだけキャラクターは透過しないので…。情報量はポルタカードでお願いしますね?