記事一覧

MHF-G7の確認

MHF-G7の確認
2015年4月15日UPデート
1024_768_G7.jpg

 SR帯で大量に素材を集め、満を持してG級に上がりました。実はキャラクターをこのタイミングでもう1回作り直しています…実名(本名)の漢字1文字を切り取った名前にしていたのですが、どうにもしっくりこなかった…本キャラから次のキャラへ、そして今のキャラへアイテムを全て移動させたのですが、各数時間掛かった記憶があります…アホやね新しく作ったキャラクターは塔武器を片手にイベント防具「コルーデ」一式を使ってパパッとランク上げをしましたが、HR・SR帯の塔武器の性能は本当におかしかった
アップデート情報
プレビューサイト




 モンスター・フィールド

新モンスター「ハルドメルグ」を実装
「始種」モンスターの実装
「G級モンスター」の追加
「特異個体」モンスターの追加


 新モンスターの「ハルドメルグ」は液体金属を操る古龍。攻撃の際にはその液体金属を用いて攻撃し、攻撃している間は「操核」と呼ばれる弱点が露出するので、回避しつつ攻撃するのがセオリー。実装当初から攻撃の一撃の重さが問題視され、剛種でさえもG級装備で固めたハンターを簡単に屠るほどのダメージを叩き出していました。防具には新スキルの「剣神」が付与されており「刀匠」から「剛撃」+「剣神」へ移行するきっかけになったかと思います。武器に関してですが全て無属性の近接武器のみ。自分はG級に上がりメインで使う武器を探していたので最初にこの片手剣を作成しました!当時の片手剣事情は下手な属性武器よりも無属性強化シジルを付けた「ダードラウラ」を使うのが流行っていたので、それの代わりとして作成した思い出

 「始種」モンスターについては告知だけされており、実際に実装されたのは中間UPデートが行われた5月20日。最初に登場したモンスターは「グレアドモス」でグレア・ブリッツ・ストロマシリーズの武器・防具の始種化が可能。「始種防具」は「烈種防具」と同じくスキルアップ効果があり、更に烈種防具と違いG級スキルが入っているため装備を組む上でとても便利な防具。ガンナーにとっても秘伝二重装備が前提での運用であったのが、始種防具を一部位入れたG級装備へ移り変わった時期だと思います。余談ですが今のガンナー装備は始種防具を入れていないタイプが多いみたいですがはたしてどちらがいいんでしょうね?始種防具を1部位入れるとスキルUP効果やクリティカル距離ダメージの強化、強撃ビン強化など火力UPに繋がりますが、スキル枠と辿異スキルが一つずつ発動できなくなります。逆に始種防具の効果を抜きにしてもそれに見合ったスキルが発動してれば辿異防具のみの構成もありって感じなのでしょうか?よくわからない




 装備・スキル

「始種武器」「始種防具」の実装
「天廊防具」の実装
新スキル「血気活性」「剣神」の実装
既存スキルの上位版「状態異常無効【多種】」の追加
仕様変更・バランス調整(狩猟笛とガンランス)
スキル「溜め威力」の効果を上方修正
「狩護防具」「G級狩護防具」の特殊効果を発動させる条件撤廃


 始種武器・防具については上記で触れたため、ここでは「天廊防具」の話を。天廊を登ることで手に入る素材を使って強化していく防具で武器同様カスタマイズが可能。スキルは固定の為、G級防具の代わりとして、始種防具の代わりとして、防具の種類をある程度決められるといった感じ。正直使った事がないです…そして使ってる人を見たこともない一時期「体力自動回復の印」を限界まで入れて超高速で自動回復する装備セットを作ろうとしましたが、防具のスキルがイマイチ使えなかった為断念しましたOTL

 新スキルの「血気活性」は中々優秀なスキル。体力が一定以上の時に攻撃力が上がるスキルで(当時1.1倍、現在は1.15倍)「吸血」スキルととても相性がいいです。それとガンナーは剣士と違い「火事場」スキルの効果が低くなるので代わりに選択する人が多かった印象。現在は辿異スキル「血気活性強化」が実装されており、更に追い風になっている模様。実装当時は使っていませんでしたが辿異スキルが出たときに「腕利き」や「吸血」と合わせ、相乗効果の高い装備セットを作りました

 「状態異常無効【多種】」は個人的に好きなスキル。フロンティアのモンスターは厄介な攻撃などを対策した上での強さが基準になっていると思っています。なので防げる攻撃(咆哮・耐震・風圧)や状態異常は全て防いだ上での狩猟が自分の中で確立している為とても重要なスキルとなっています(あくまで個人的な意見です)現在は「シャガルシリーズ」を1部位入れるだけで発動できるので耐性を重視した通常装備と状態異常を対策した耐状態異常装備を各武器種ごとに作っています

 狩猟笛とガンランスの仕様変更で共通の部分は各攻撃の威力上昇、一部攻撃が「ぶっとび」から「尻もち」へ変更されたことです。狩猟笛は「攻撃力UP」の旋律効果が加算方式から乗算方式に変更。それと塚殴りの判定が大きくなりました(自分は普段笛を使いませんが昔と比べ実感できるレベルで変わっています)。ガンランスの変更点は「竜撃砲」の構え中にガード判定が出るというもの。ガードが成功すれば中断されることなく攻撃が可能になりました。

 最後に「溜め威力」スキルの効果が上方修正されました。これまでは溜め威力のスキルは+2にしても雀の涙ほどしか上昇していなかったのが、UPデート後には約1.1倍程度にまで強化されたので有用性が出てきました。ただスキルポイントが20も必要なので発動させるにはかなり苦労します




 アイテム

「装飾品」のマイセット登録が可能に
アイテムボックスにて「装飾品」が装着・回収可能に
新たな「シジル」の追加


 装備セットの利便性がどんどん向上していますね。カフのマイセット登録はもうちょっと先ですが、装飾品が装備セットに合わせ児童で付け替えてくれるようになりました。これまでは装備セットごとに装飾品を集めたり、プレイヤーによっては同じ防具をいくつも生産するといった事がありましたがやっと改善された…初期の頃なんかは装飾品は外したら壊れる仕様でしたし(防具を強化しても壊れる)、外せるようになったと思ったら莫大な金額を要求されたりと不便極まりなかったですが、その頃に比べ大分便利になりましたね~しみじみ…




 システム

「超越秘儀」の実装
穿龍棍に新スタイル「天ノ型」「嵐ノ型」を追加
秘伝書の取得可能ハンターランク(HR)を、HR500からHR300に引き下げ
スキルランク(SR)100までの防御力および耐性値の補正を撤廃
「修練区」の名称を「復帰区」に変更
GR上限を799まで開放
「狩人珠」を強化する際の仕様変更
キャラクターの表情実装
狩人祭「個人の目標」達成褒賞を実装
「マイミッション」(MM)の仕様変更


 「超越秘儀」が実装されましたが、何かの不具合かイベントかでいきなり強化アイテムが配布されていましたね超越秘儀は使い続けて強化していくモノだと思ってましたが結局アイテムでぽんぽん上げていった記憶当時の反応は秘儀が貯まる前にクエストが終わるので意味がない、という意見をよく見ましたが、自分はソロで行くときや体力の多いモンスターなどを相手にする際、多いに役立っているのですごいありがたい仕様です

 「狩人珠」は強化すると覚えていたスキルを一度リセットされてしまう仕様でした。今回のUPデートからは強化してもリセットされなくなり、これにより短期間で上げる必要がなくなったのでマイペースでできるようになりましたね

 キャラクターの表情については面白い試みだと思いました。ただキャラクターが透過している際、口の部分が透けてグロくなってるので何とかしてほしい瞬きだけでもよかったのかな?とも思います

 マイミッション(MM)がやっとテコいれされました。マイシリーズに行かなくともクエストが受注でき、どんどん進めていくことができるようになりました、が!対象のモンスターを自分で調べた上いちいち検索する必要があるため不評でしたその後の中間UPデートにて「秘伝書育成クエスト検索」が受付で選択できるようになり現在の形に落ち着いています。→(その後MM統合)


1024_768_G7_02.jpg


MHF-G7 中間アップデート 2015年5月20日

新モンスター「グレアドモス」の実装
定期開催イベント限定武具の実装
公式狩猟大会入賞者に「タルネコヘルム」を贈呈
Nぽ事件
特異個体ガノトトスHC素材枠が設定されていない不具合


 中間UPデートでは始種モンスター「グレアドモス」が実装。始種武器・防具に強化する為「始淵の黎玉」をたくさん集めた思い出定期開催イベントでは「ニンファシリーズ」や「ロウシリーズ」といった高性能の武器・防具が実装されました。1つのイベントで入手できる素材が限られていたので、サブを使ってたくさん集めた方も居たのではないでしょうか?公式狩猟大会では上位3名には「タルネコヘルム」が贈られるよう変更…この防具がほしいのでしばらく韋駄天をがんばります

 不具合関連では、「Nぽ」という謎の配布物が広場受付から受取可能という不具合が発生。自分はインできない状況だったので、コレを受け取っても大丈夫なのか?と葛藤してる人たちを遠くから見守っていました結局のところテスト用の内容(Nポイントの配布)をそのまま配信してしまったのが原因で、受け取ったプレイヤーも特にお咎めなしでNポイントをもらうことができたのだとかもう一つは特異個体「ガノトトス」関連。実装されたもののGHC素材が報酬に設定されていない不具合が発覚し、急遽立ち上がれイベントみたいに防具を揃えていればGHC素材「翠水竜の泡玉」を5個ずつ貰えるイベント?が実施されました。肝なのはアカウントごとではなくキャラクターごとに配布だったのでサブに素材を送って大量に確保できたということ…うまいイベント?だった…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント