記事一覧

MHF-G1の確認

MHF-G1の確認
2013年4月17日UPデート
syann.jpg

 この辺りは休止していたのでwikiや当時のブログ等を見ながら書いています。間違った記載があった場合は申し訳ない…調べれば調べるほど酷い内容なのと繰り返されたリファインにより正しい情報でない可能性が高くなっております。それと自分のパソコン環境のせいなのかプレビューが見れなくなっているので中途半端な記事になるかもしれませんがご容赦ください。

アップデート情報
プレビューサイト(閲覧不可?)




 G級

新モンスター「シャンティエン」「ポカラドン」「ファルノック」「ヒュジキキ」「ミドガロン」「ポカラ」の実装
新フィールド「極海」「大型探査船」の実装
G級武具の実装
シジルの実装
装飾品(精錬珠)システム
G級スキル「鼓舞」「剛撃」「一閃」「速射」「逆境」「ブリーダー」「反射」の実装



 まずG級とは?

1ギルド要請クエスト(G級昇級試験)を1回クリアし、GR1になる
2一定量のGRPを蓄積すると次の「クラス」であるGR1-2となり、狩猟可能モンスターが一体解禁される
3更に一定量のGRPを蓄積するとGR1-3となり、ギルド要請クエストの受注が可能となる。
4ギルド要請クエストを1回クリアするとGR2(2-1)となり、狩猟可能モンスターが2体解禁される



 今みたいに適当なモンスターを狩ったらポンポンっとGRが上がるわけでなく、一定のGRPを取得したらGR1-1からGR1-2と段階を踏んでランクが上がります。ランクが上がると狩猟できるモンスターが解禁。この辺はF5の時点でプレビューだか公式の動画などで知っているのでふんふんって感じです。ただランクが上がっても狩猟できるモンスターがたくさん増えるわけでもなく、ちまちま追加されていくだけという状況であり、要求されるGRPがものすごく多いため同じモンスターばかり狩猟するハメになったみたいですね。UPデートの翌日にはGR1-2からGR1-4までのGRPが超緩和され初日よりも早く新モンスターのポカラドンが狩猟できるようになるのですが、それまではイャンクックとダイミョウザザミしかおらず、その2体のみでランクを上げる必要があったそうな…。更にポカラドンのGRPが高く効率が良いため、そこからはポカラドンをひたすら倒すだけの状態に…(クッキー・蟹・ポカラ丼オンラインと呼ばれる事に)。途中には新モンスターのファルノックも狩猟できるようになるのですが、素材がまったく集まらない為狩猟する必要がないと判断されたそうですそして数百頭のポカラドンを狩猟して辿り着いた場所はGR3-3、ヒュジキキが狩猟解禁となるのですが当時はここまでしか用意されてなかった様ですね…むなしい…
 G級武器はLV10が基本性能で最大LV20まで強化できます、LV11以降の強化は限界突破強化となっており一定確率で強化が失敗するのだとか…強化成功率が30%とか10%の部分があるのですが本当ですかこれ?そしてレアな素材を使い強化失敗をしつつLV20まで強化してもG級以前に作った覇種武器に及ばない性能というオチ…ひどい
 G級防具はというと…そもそも覇種武器を使うので当たり前な話覇種防具を装備します。つまりG級防具は必要ないとされていたそうな…素材が集まりにくいのも影響していたのでしょう




 装備・スキル

SP武器の上方修正
新属性の追加(炎属性・雷極属性・光属性・天翔属性)
防具の名称変更
初期装備を「ホープシリーズ」に変更
スキル「研ぎ師」「広域」「底力」「根性」「いたわり」に上位スキルの追加
細かな仕様変更


 新しく追加された属性は複属性というもの。従来の双属性(基本属性+状態異常)とは違い(基本属性+基本属性)という内容。復帰したときはこの複属性の厨二臭い名称にすごく惹かれたのを覚えていますただいつも奏属性と響属性の内包している属性が分からなくなる…
 防具の名称変更は、今までに実装されたエクエスGなど、Gと名の付いた防具をG級防具と判別しやすくする為に修正。防具のデータを見た時エクエス改に名称変更されてて、こんな名前だったかな?と違和感があったのを覚えています
 細かな仕様変更は、近接の切れ味ゲージによるダメージを上方修正。それと火事場の発動条件を、一定の「割合」以下から一定の「値」以下に変更。今までは栄養剤グレート等や爆弾で調整していたのが、SR飯なんかで簡単に発動できるようになりました。ついでに体力を減らす方薬というアイテムが実装されます。
 



 アイテム

「LV1通常弾」の所持不要
「劇薬【緑】」「高級劇薬」の仕様変更
「強走薬」「強走薬グレート」の仕様変更
「音爆弾」の仕様変更
「瞬歩の実」「鷹の目ドリンク」「会心の砥石」の仕様可能クエストの変更



 LV1通常弾は結構ありがたい変更。アイテムポーチに入れていなくても所持している状態なので、邪魔にならず万が一使っている弾がなくなってもこれで凌ぐことができます。
 アイテムの「強走薬」関連でスタミナ減少無効時間中に、回避・ダッシュ以外のスタミナ消費行動を行なうと、スタミナ減少無効時間が減少するよう変更となりました。双剣の鬼人化に伴う強走効果解除の撤廃が主な理由なのでしょうが、ハンマーの溜め攻撃やランスのガード・踏ん張り突き、そして弓の溜め攻撃までも減少無効時間が減少するようになりました…。弓はスキルのスタミナを切って強走薬ありきで使ってた人が居たので痛い変更なんじゃないかな。
 音爆弾に関しては、雪だるま、結晶化、睡眠、気絶、膝崩れ状態のハンターがいると、状態異常から即時回復する効果が追加されました。睡眠や気絶はゲーム中に実際に起こしてくれた方が居たので知ることができましたが、結構広くカバーしてますね~アイテムの使い易い片手剣にとってはありがたい変更点です




 システム

新アクションの追加
「受け身」の実装
秘伝書の仕様変更
頼狩人(ラスタ)の仕様変更
クエスト報酬画面の変更
ハンターキャリアの仕様変更
無敵時間の延長
「ガード」または「前転回避」中のダメージが軽減
「睡眠」状態、「雪だるま」状態の仕様変更


 新アクションの追加に関しては、まず共通の受身が実装されたこと。基本的にはダメージが少ない時(女神発動時)に行い。転がらず着地します。隙が少なくなるのでありがたいのですが、たまに早く起き上がることによって思わぬ追撃がきて焦ります片手剣に関しての話題になりますが、各アクション毎の入力受付時間が延びました…なんのこと?と思われるでしょうが、攻撃から次の攻撃(または回避)へのボタン入力の受付時間延長と言えば分かり易い…かな?特にジャンプ切りからの追加攻撃や回避は実は非常に難しく失敗することが多々あったのですが、これで解消されたようです。更にボタン連打してないと攻撃が途切れてしまうこともあったのですが、モンスターの動きを見てからでもボタン入力できるのでディレイを掛けることが可能に!そしてG1にて追加されたアクションの無限連斬とシールドバッシュですが、シールドバッシュは適当に遊んでいたときに発見!対プレイヤー用のアクションと認識。無限連斬はG6だかG7のハルドメルグの韋駄天の時に知りました。動画で見た感じでは定点攻撃としては悪くありませんが攻撃の間隔が大きい為、大してダメージ稼げないだろうと思ったのですが意外なことにモーション値が高い…。使いどころは難しいですが結構役に立つモーションだと確認。G6からはジャンプ切りからのSAを維持できるようになったのでプレイヤーが密集しているところでは重宝する攻撃に。
 秘伝書は「装備可能武器レア度」が「HC適正武器レア度」に変更されました。秘伝書を装備したまま全ての武器が装備できるようになり、適正レア度であればポイントが多くもらえるように変更。ついでに「難しい書物」を撤廃。
 ラスタにおける仕様変更。「ラスタ機能の解放」の仕様変更が行われ、使える武器の種類を開放するのではなく、ラスタの攻撃力、防御力の能力を引き出す「ギルド貢献レベルUP」システムを追加。「一時契約ラスタ」の追加。「ラスタ契約」および「一時契約ラスタ」により、自分のラスタが他ハンターのクエストに同行した際に、狩猟を行なったモンスターの素材を持ち帰るようになりました。(最大5つまで)
 ハンターキャリアは「片手剣・双剣で狩猟」「大剣・太刀で狩猟」など合算されて計上されていたものが各武器種ごとに計上されるように変更。復帰した時ランスとガンランスのハンターキャリアが”0”だったのはこの為だったんですね
 無敵時間の延長はクエスト中のアクションで、「前転回避」「ステップ」「バックステップ」の無敵時間が延長しました。これは体感できるほどに違いましたね。装備を組む際にフレンドにも回避性能は+1だけで良いと言われたのを覚えています。気になるから+2まであげるんですけどね?
 「ガード」または「前転回避」中のダメージが軽減されるように変更。これはこの記事書くまで気付きませんでした…。棒立ちでダメージをもらうより何かしら反応して行動したほうがダメージが軽減されるようですね。
 そして「睡眠」状態は眠りに付くまでフラフラ歩くようになり、その間に「元気ドリンコ」または「スタミナ飲料N」を使用することで回復するように変更。「雪だるま」状態では前転ができるように変更されました。




 メゼポルタ広場

メゼポルタ広場をリニューアル
武具工房の仕様変更
利用権情報更新機能

 G級受付嬢が配置され、メゼポルタ広場がリニューアル…?このへんの記述が少ないので分からないのですが、NPCの配置が変わっただけでしょうか?
 武具工房は「剛種武器」「剛種防具」の生産を「伝説の職人」から「武具工房の親方」が受け継ぎました。工房の親方で全ての武具が作成可能になり、伝説の職人は強化が限界になったG級武器の強化を担うようになります(LV11以降の強化)。
 利用権情報更新機能は今までHLコースやEXコースをログイン中に買った場合、リログする必要があったのですが広場の受付にて更新できるように変更されました。すごく便利です




 5月には「ブーストタイム」の実装(今と違い1週間以上ログインしてなければ付与される)と、後半にはGR4が開放され「ミドガロン」が狩猟解禁。不具合の多さや、G級クエストの仕様で人口が激減しG1ショックと呼ばれているG1の内容はこんな感じでしょうか?実際ゲームをやっていたら武器や防具の強化システムや素材の集めにくさはうんざりするでしょうね…武器アクションに関しては他の武器種のまとめも見ましたが、とても遊び易い様に変更されていると思います。ただそのアクションを思う存分遊べる内容でなかったのが残念極まりない…結局ハメが横行し毎日ポカラを狩るだけの状態になっていたそうですね~…
スポンサーサイト

コメント

G1は本当に地獄でしたね…
必死に集めた素材が一瞬で消滅…
ああああああああ

No title

いわゆるGショックの時期ですね
この時期でかなりの数のハンター様達がふるいに掛けられました
実際私もこの時期に多くの仲間を失いました
モンスはG級になり強くなる、しかし武具はG級フル強化するにはマゾ過ぎて
当時G50武器を持っているだけで英雄でしたw
やがて武具強化の緩和がやってきましたが
時はすでに遅しという流れでしたね
激動の時代でした

某多殻蟹戦士さんへ

完全にトラウマになっている…w

トモタンさんへ

G1でのG級の内容は面白そうな部分がないですからね…w
リファインを重ねやっとまともに遊べる頃にはすでに…ということですね残念ですw

緩和される前に

緩和される前にやったら負けw
という方針のもと、この時はまだG級には上がってませんでした。
たしかどれかの武器がSR999行かないと上がれないんでしたっけ?
自分はまんべんなくあげてたので、どれも999じゃなかったですw
G級が不評やったのでのんびり下で遊んでました。

マゼンタさんへ

そうです!そうです!確かSR999が条件でしたw
自分もカンストさせる前に休止しちゃったので復帰した時はブーストでぱぱっと上げましたw

コンテンツやスキルなんかもそうですが、新しいものは調整不足だったりスキルなんかは装備の選択肢が少ないなど不満が出るものですが、一つ前のところをうまいこと遊んだほうが楽だったり面白かったりしますよねw

コメントの投稿

非公開コメント