シーズン8.0“氷撃、デュラガウア”その2

前回の続きを書いて行きます。
新モンスター「デュラガウア」
特異個体の正式導入
(リオレウス、リオレイア、イャンクック、ババコンガ、フルフル、ヴォルガノス)
新スキルの実装
「体力+40/+50」「業物+2」「防御+90/+120」「夏男夏女」「冬将軍」「砲術王/砲術神」「圧力【大】」「捕獲名人」


 新モンスターのデュラガウアは非常にタフネス!体力お化けでした。討伐するのに時間が掛かる掛かる…OTL
しかし攻撃モーションはとても良く出来ていて、予備動作が分かり易くそれに対応してハンターは回避・攻撃といった基本的な動きを要求されます。G級の黒いデュラ(ミ・ル)もそうですがアクションゲームをしてると実感できる良モンスターですね
 デュラガウアの攻撃の一部に新しく追加された状態異常・凍傷というものがあります。凍傷はハンターのスタミナ消費量が倍になるというもので厄介極まりない。このUPデートで追加されたスキル冬将軍(耐寒の上位スキル)を付ければ無効化できるのですが現実的ではありませんでした。猟団防具にキリンルフスというキリン防具の色違いがあるのですが耐寒のスキル値が15付いています。これを使って装備を組もうとしましたがさすがに発動スキルポイントが高すぎて断念した覚えがあります


 特異個体についてはイャンクックの超攻撃力・ババコンガ・ヴォルガノスの超タフネスそして空気のリオ夫妻とフルフル(記憶にない)一番記憶に残っているのはやはりクック先生…SRが低いうちは防御補正がありハンターは紙装甲となります。それに加えて新しい攻撃モーションに対応できずごめんなさいオンラインが繰り広げられていましたやっとドスランポスやドスファンゴから開放されたと思ったら先生に洗礼を受けるという…変種になると更に凶悪になりまた洗礼を受けます…あれ?G級でも似たようなことが…?


 追加された新しいスキルですが、その中の業物+2によって近接装備と武器の選択に変化が現れます。ゲージが悪い武器も選択の候補に挙がり、逆にゲージが優秀だったものは(切れ味ゲージ)を切って業物を入れた専用の装備を組んだりと多様化したように思えます。次のUPデート(8.5)で追加されるデスモシリーズやその後(9.0)に実装されたベルFXグリーブによってスキルを全部詰め込んだ装備ができあがるので次回お話しましょう…
 追加された他のスキルは…空気ですね砲術王/砲術神はどうだったんでしょう?ガンス装備にとりあえず着けとけ!ってな感じでつけてはいましたが…装飾品Gと呼ばれるスキルポイントが高い装飾品がどんどん追加されており、圧力捕獲名人なんかも装飾品Gでスキルを発動させていましたね~素材要求数が多すぎて苦労しましたが

MHFseason8_2_1600.jpg

書きたいことがたくさんあるのに時間が…!10周年までに各UPデート情報を見直し記事にしようとしているのですが間に合うのか不安になってきました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント