記事一覧

シーズン6.0“双牙、オルガロン”その2

 新モンスター「カム・オルガロン」「ノノ・オルガロン」と剛種「ナナ・テスカトリ」についてと剣晶スキル及びヘビィボウガンの排熱噴射機構の話をしましょう。



 ノノとカムは実装したときからHR帯も2頭同時クエストだったかな?それとも別々のクエストだったかな?覚えてないやでも剛種クエストは2頭同時で間違いないです!最初ボロボロに負かされましたからね
2頭討伐クエストは今までもありましたが、それはあくまで別々のモンスターが一つのクエストに登場するだけのものでした。しかしシーズン6.0で実装されたノノ・カムはお互いに干渉し合うモンスターで状況や場面に応じ特徴的な行動を起こします。基本同じエリアに2頭で留まるので分断は不可能。ガチで戦うしかありません…!そのためかなり高難易度なクエストだったように思えます。
 攻略面ではノノから倒し、危険なカムをランダムボールを駆使(怒り解除)し慎重に倒すといった感じでした。ノノの攻撃も厄介ですが、カムの攻撃はどれも即死級で特に怒り時の頭突きは体力満タンでも乙るほどの高威力…!この頭突きに当らないように立ち回るのが肝でした

 作成できる武具についてですが、剛種防具はなく剛種武器もパッとしなかった記憶。フレンドのベテランハンターは大剣がメインなのですが、作れる武器の切れ味ゲージが青ゲージしかないので嘆いていましたね
あ、片手剣は和風でかっこいいデス


 剛種ナナに関してはソロ専用ということもあり体力は少なめ、ただ怒り時の俊敏性が高くナナのサイズは必ず金冠サイズが出るのだとか…知らなかった
 攻略面は剛種テオと基本的な動きは同じです。スキルオートガードを付けてちまちま攻撃して時間を掛けて倒してましたね~。
巷ではハメが色々考案されては運営に対策されのいたちごっこが繰り広げられていたとか

 作成できる武器については色々あります!
まず双剣炎妃双【悪女】。レジェンドラスタのフラウが背負ってるやつです!ピザカッターの形をしてるのでまんまピザカッターと呼ばれていましたw実装当初は切れ味ゲージのせいでイマイチな評価でしたが後々再評価されます。
ランスの炎妃槍【華麗】はかなりの高性能でランス使ってる人は大体持ってた記憶。当時の自分はランスが一番苦手な武器種だったので余り武器を作っていませんでしたが見た目が良かったという理由だけで作りました!使ってはいない
片手剣の炎妃剣【渇愛】は後から追加された武器なのですが属性特化の片手剣。実装されてから要所要所で活躍している有名な片手剣ですね肉質がひどく火が通る敵ならこいつの出番です!


 剣晶スキルについてですが、実装当時のことは余り覚えていません…ごめんなさい
そもそも実装当初はスキルを付けることが困難だったように思えます。次のUPデートで実装されるスキルカフを使って麻痺剣装備など一通り揃えたのは覚えています。麻痺剣はどのクエストでも活躍できましたし、睡眠剣は落とし穴を使える敵に有効なのと大剣のサポートにも使えました。猛毒剣は…お蔵入りしてたかな…属性剣晶に至っては用途不明のため自分は放置してました


 ヘビィボウガンの排熱噴射機構についてですが
当時はヘビィと言えば毒麻痺弾で肉質無視の攻撃をするのが主流であったのと、ヘビィの作成難易度が幹並み高かったので使った事がありませんでした初めて撃ったのは復帰してからのシジルを用いてです
調べてみるとやはり(失礼)不遇の扱いを受けていたようでネタの粋を出ない感じですかね?後のUPデートで強化されたり砲術スキルに対応したりとテコ入れがあったみたいですが…。
自分がヘビィを担ぐときは毒麻痺弾を撃つのだけの限定的な使い方だったので装備を揃えるのもハードルが高かったのだと思います(言い訳)今はシジルもありますし装備を揃えてみるのも楽しいかもしれません

MHFseason6_2_1600.jpg
次のUPデートでついに「大巌竜ラヴィエンテ」が登場!
しかし実装してからたった2回しか行ったことがないのでどんな記事になることやら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント