フォワード.5 “砂漠に浮かぶ紅の楼閣”の思い出

フォワード.5 “砂漠に浮かぶ紅の楼閣”の思い出
2012年10月17日UPデート
MHF_F5_1_1024.jpg

アップデート情報
プレビューサイト




 モンスター

新モンスター「オディバトラス」の実装
「覇種」モンスターの実装
「特異個体」モンスターの追加
「奇種」モンスターの追加
「変種」モンスターのバランス調整


 「オディバトラス」が実装されました。モンスター自体も人気ですが、BGMの評価が高くこの曲が好きな方は多いのではないでしょうか?新しいモンスターが実装される時は大体、下位・上位が配信、そして翌週に剛種と配信されるパターンが多かったのですが、今回は剛種・HC剛種・覇種と一気に配信(下位・上位はない)。正直どれ行けばいいか分かりませんでした課金コースが無料開放されていたりしてサクサク素材を集めていたような気もしますが、実際に作った武器は片手剣と大剣、防具は腕を作ったんだったかな?武器自体は無属性ながらとても高い倍率、ゲージの優秀さでどの武器種も一級の性能であったように思います。防具に関しては腕や足が人気だった…はず?覚えてないや
 F4の時点で覇種アンノウンが先行配信されていましたが、F5にて覇種モンスターが正式に実装。実装されたモンスターは「アンノウン」「オディバトラス」「ドラギュロス」「パリアプリア」「テオ・テスカトル」そして「アルガノス」と「ゴルガノス」どのモンスターもそれはもう強かった…テオとかクリアできるのかと思うほどでしたし、アルゴルなんかは仕様を理解してなかったので延々クリアできないしで阿鼻叫喚でしたねオディバやドラなんかは討伐しやすく粉塵持込でなんとか討伐していましたが、この中でパリアだけが中々倒せなかった思い出があります。単に募集が鎚限定だったりして入れなかったこともあるのですが、パリアの状態異常が防げなかったことが大きかったと思います(状態異常無効【多種】はG7にて実装)。武器も防具もとても優秀で秘伝一強の時代に新たな選択肢となりました。




 装備・スキル

剛猫武器の確立調整
覇種防具の実装
狩護防具
「秘伝二重装備」を実装
SP防具の特殊効果追加
スキル「いたわり+2」の実装

 剛猫武器に関しては今までも触れてきましたが、ここで大当たりが出る確立の調整がされました!大体4000本作ったら大アタリが出る程度になった模様…やったぜ!(白目)
 覇種防具は秘伝防具を持っていない層にとってとてもありがたい存在。元々秘伝一強状態を打破するために実装されたようで、内包している切れ味UP効果や武器倍率の強化など剛種や天嵐防具より良いものとなっています。更にそれらの効果が発動する体力のラインが大幅に緩和します。スロットも全部位LV1から3つ空いているので覇種防具に出来た時点で実用可能。強化するにはHC素材が大量に必要であり、素材のばら撒きクエストや導きクエストをこなしてないと中々作れないものでした。自分は何を作ったかな~キリンの頭と胴体と腰、それとオディバの腕辺りでうまい事スキルを組んでたような気がします
 守護防具に関してですが、結構重要。防御率というものがまずありまして、ある一定の防御力以上になると被ダメージがそんなに変わらなくなります。なのであほみたいに防御力を上げても大して変化がなかったのですが、この守護防具は更に割合で軽減してくれるという優れもの。自動回復効果もあるので覇種防具と合わせてスキルUP効果を維持するのにとても役に立つ防具でした。
 秘伝二重装備に関して。自分には縁のない話ですが遂に秘伝防具にも切れ味UP効果が付与されました…!ただその恩恵を受ける為には白と赤の秘伝をFX7まで強化している必要があり大変なんてレベルじゃない…これを見た時、秘伝はサービス終了まで自分には縁のない装備になるんだろうな~と確信しました
 SP防具には謎のテコ入れがあり、特殊条件下のもと防御力が+100されるというもの。奇種が増えてSP装飾品・改が追加されていったので、作成を促進させる為なのかな?
 いたわりのスキルに上位版が実装されました。G級クエストではいたわり+3ないと効果がありませんが非G級ならいたわり+2で同等の効果が得られます。現在みたいにSA(スーパーアーマー)の維持はしにくく、更に武器種によってはハンター同士で吹っ飛んでいくので攻撃スキルみたいな扱いだったように思います。ハンマーや大剣はもちろん、野良でのランスなんかは自身が転倒しないようにいたわりを付けていた記憶があります調べてみると本来実装する予定でなかったスキルであり、実装してからは長い間必要・不必要の論争が行われていたのだとか…




 アイテム

武具強化に際、装飾品が壊れない仕様に
難しい書物の必要数変更
「元気のみなもと」の使用回数変更(1回→5回)


 武具強化の際(強化派生や名称が変化する際に)装飾品が壊れない様に変更されましたが、これを待ち望んでいたハンターは多かったのではないでしょうか?この仕様になるまでいくつ剛力珠が失われたか分からない…現在は装着している装飾品は強化時に勝手にアイテムボックスへ直送されますが、たまにヒヤッとします
 難しい書物についてですが、もはや過去の遺物ですね秘伝書の取得時や強化時に必要になるアイテムだったのですがそれが緩和されました(現在は撤廃され換金アイテムに変更)。F4の時には緩和される事が決まっており1000冊ずつばらまかれていたのですが、アイテムボックスがパンパンで逆に困るというオチに書物は必要なくなり換金できるようになったのですが、1枠分ずつ残して追加アイテムボックスに保管しています
 元気のみなもとですが、ホントに実装していましたか?使った記憶まったくないです…1回から5回に増えて使う機会は多いにあったはずですが何故だか記憶がございません




 システム

食事/狩人弁当の効果事前確認
頼狩人(ラスタ)・援狩人(フォスタ)の仕様変更
マッチングシステム・狩猟技クエスト


 狩人弁当などの効果を注文する前に確認できるようになりました。かなり便利自身のキャラクターのコメント欄に食事の効果をメモしてる人がたくさん居ましたがほとんど居なくなりましたね野良に行くと極稀に体力:長寿ジャム+ジャンゴーネギとかのコメントを見ますが、まさか当時のままだったら笑えます
 ラスタ・フォスタの攻撃がハンターに当らなくなりとても快適になりました。しかしハンターからの攻撃は当るのでラスタにはいたわりは必須。
 狩猟技クエストについてですが。これ今もありますが知ってますか…?広場の入り口辺りに居る、教官見習いネコから特殊な部屋へ行きそこで出合ったハンターと狩猟の腕を競い合うというもの。実態は全然マッチングしない上に同じ人とばかり出会うのでなんとも言えない空気なる…そして武器種間のDPSがかけ離れているので大体双剣の人が勝つという流れにコンセプト自体はとても良く、専用のアイテムがあったり、弱点を狙ったらポイントが高くなるなどの要素があります。クエストの順位によって段位が上がるので一つのやり込み要素になるのではないかなと期待していただけにショックでした




 マイシリーズ

アイルー広場の商品・レシピ追加
「グーク鍋」の追加


 秘伝書を入手していると、マイトレのアイルー広場の商品やレシピなど追加されます。覚えているのは調合屋に強走薬グレートのレシピが追加されてたことぐらいかな?ただ調合素材にHC素材が必要なので利用しませんでしたが
 グーク鍋が実装しましたが、当時は特に活用してなかったかな?今では良く利用させてもらっていますし、次のUPデートで更に使う機会が増えることでしょう…フフフ



 その他

課金
不具合


 課金コースに「フォワード応援コース」(狩りコ)が実装され、ものすごい非難がされていましたね~課金に反対の人は課金しなければいいだけと思っていましたが、まさかのモンスターへ与えるダメージが1.25倍上がるというチートコース。本来は覇種が倒せない人のために実装したらしいですが、実際は募集の一部になってしまっていたことが問題。
 不具合の中で関係があるのは「天嵐への導き【溶岩竜】」の素材が「凄腕に近づけ!【甲殻種】」のものになっているという不具合。団員(上司)に呼ばれ紙集めのお供としてこのクエストを延々回していたのですが。途中で不具合アナウンスが来て配信停止。どうやら報酬素材が別のクエストのものになっているという不具合。そして不具合修正して再配信と思ったらまた配信停止…結局修正がうまくいってなかったようで後日補償されるということに。その補償内容がクエスト達成回数分の魚竜素材各一つとヴォルガノスのHC素材各1つと大盤振る舞い。紙集めの手伝いしてただけでヴォルのHC素材がたくさんもらえたのですが、このクエストが不具合の利用に当るのではないか?と敢えて回さなかった人達からはすごい非難が起こっていましたし、変に得をしてしまったがために後ろめたさが残る不具合でしたね~。貰えるものは貰いましたが…
MHF_F5_3_1024.jpg

 プレビューの「アルガノス」「ゴルガノス」の情報は隠されたままで後半のUPデートにて登場。しかしシルエットから伺える通りヴォルガノスに間違いないと囁かれていました金銀のカラーリングには驚かされましたが、作成できる胴防具にも驚かされましたね~一部のファンからは絶大な支持を得ているとか?
 MHFG前夜祭ともいうべきイベント、MHF最後の宴がF5の終盤で開催されるのですが、自分はこのタイミングで転職・引越しをしたためしばらくの間休止します。G6の後半?辺りで復帰し今に至りますので、ここからしばらくのUPデート情報は思い出ではなく、確認を含めた内容となります。間違っていたら指摘してくださいね