武器の特徴を伝える(狩猟笛編)です!

 武器の特徴を伝える(狩猟笛編)です!狩猟笛は唯一パーティーメンバーの能力に干渉でき、支援を主体に戦う特殊な武器です。演奏する事で様々な恩恵を得られ、極ノ型ではモンスターに影響を及ぼす音響攻撃が可能となりました。昔はパーティに必ず一人は居るぐらい定番の武器種でしたが、最近は使ってる人を余り見かけなくなりましたね~。トイボックスには支援に特化したガイコツの人や、本当は鎚を持っているんじゃないのか?と思えるぐらいアグレッシブに戦う鳥の兄貴が居ます(たまにネコになってたりしますが)。出来る事が本当に多いので扱い方も人それぞれ。これが正解!ってのがないのが魅力ですね

笛

 スキル選定!演奏効果の時間を延長する笛吹き名人、または鼓舞(激励)は必須です。激励は笛吹き名人の効果の他に回避性能と気絶無効の効果をパーティメンバー全員に付与する事ができます(辿異スキルの鼓舞強化を発動させていれば、絶倫・スタミナ急速回復も追加で付与する事ができるので積極的に入れたいですね)。攻撃に関するスキルはこれだ!というものがあまりないので支援に関するスキルを見ていきましょう。支援系のスキルは広域・支援・薬仙人・赤魂(紅焔の威光)・青魂辺りかな?広域を発動させるのには課金防具のスカラーシリーズがあれば簡単なのですが、難しい場合は団飯で発動させるなりスキルポイントが多くついた頭防具を採用するといいでしょう支援は効果範囲が狭いものの自分含め攻撃・防御どちらも上昇しますし、追加で状態異常無効・絶倫・回復速度などが付与されます(辿異スキルの支援強化まで発動させると状態異常無効(多種)へとグレードUPするので激励と合わせて入れたいですね)。薬仙人は発動させてる人がほとんど居ないので優先度は低そうです…。ですがラスタやパートナーは発動してる事が多いので、ソロでの狩りならば回復量も多くなりますし活躍するかもしれませんね赤魂(紅焔の威光)・青魂は内包している効果がたくさんあります。赤魂は攻撃UPの効果があり、青魂は防御UP効果と毒、麻痺、腐食、磁力など特殊な状態異常も解除できます。そして両方発動すると攻撃の際に気絶値が発生し女神の抱擁も追加で発動します。長くなりましたが支援スキルというだけあってパーティメンバーに恩恵を与えるスキルばかりですね内包している効果が多く複雑なので自分の装備で何が出来るかをしっかり把握しましょう!

笛マニュアル

 重要な旋律!音色によって様々な効果が得られますが一番大事なのは攻撃力強化の旋律ですね。基本この効果を切らさないように立ち回ることが望まれています。現在は音色変換(桜色音符)により赤色音符がなくても攻撃力強化の旋律が吹けますので最優先で吹きましょう!他にもスタミナ減少無効や属性攻撃強化など有用な旋律がたくさんあるので、役に立ちそうな旋律だけでも覚えておくといいかもしれませんもし吹ける旋律と吹けない旋律があってややこしいと思ってる方は、シジルで音色の変更ができるので所持している笛の旋律を統一するのも手かもしれません

 音符の維持!MHF-Gより納刀するまで音符が維持できるよう変更されているので、意図したタイミングで重ねがけや音響攻撃に当てる事が出来ます。特に音響攻撃の効果は攻撃を重ねる事で発動できるので、最後の音符が2個同じ色になるようにしておくと使用可能になった際すぐさま行動に移れたりしますなかでも桜色旋律2個で発動する逃走無効はとても便利ですね5分も効果があるそうですよ!

 音響攻撃!上の項目で書いたとおり音響攻撃はモンスターに攻撃を重ねる事で使用可能となります。使用可能となった場合には旋律のところの笛アイコンが赤く点滅するのでこれが合図ですね効果は全部で3種類!

逃走無効    桜桜
物理肉質ダウン 紫紫
属性肉質ダウン その他の色2個


 となっています。
2つ覚えるだけで大丈夫そうですね肉質ダウンの効果は微々たるものですが、4人で攻撃したら結構影響ありそうですね!塵も積もればってやつです

 音爆演奏!音響攻撃が使えない時に限り使用が可能です。単純に音爆弾の代わりとして使えるので、音に弱いモンスターを怯ませたりガードを崩したりする事ができます。他の用途としては範囲内に居るハンターに赤魂(紅焔の威光)・青魂の効果を付与したり、雪だるまや膝崩れ・気絶・睡眠(熟睡は×)などを解除する事もできます。シジルの音爆範囲拡大で効果範囲を広げる事ができるので余裕があれば付けたいところ(カムレシピ★がスタン値・音爆範囲拡大・旋律変化の確立が高く設定されております)。

mhf_20171102_185846_503.jpg 息抜きギネル…どこかに需要があるかもしれない…

 秘伝と非秘伝との大きな違いは演奏の速さです。秘伝スキルが発動していると演奏開始から音符が出てくるまでが早くなります。早い方が隙が少なくなるのでいい事ではあるのですが、一つだけ出来なくなる事があります。それは各攻撃からの演奏派生…からの重ねがけです。ややこしくなりますが抜刀または納刀した状態から演奏開始するより、攻撃からの連携で演奏を開始した方が早く演奏できます。この攻撃後の演奏は秘伝スキルが発動していると即旋律が反映されるので、演奏開始すぐに重ねがけをしようとしても出来なくなるという事なんです。ほとんどの方は演奏する時モンスターと距離を取って吹くと思いますが、笛の扱いが上手い方は攻撃しながら旋律を織り交ぜ戦っています(高等すぎて自分は出来ませんが…)。ですので秘伝発動時はモンスターを攻撃しつつの旋律の重ねがけは実質できなくなるので注意しないといけません。これから秘伝を作ろうという人向けの内容ですね自分もそろそろ笛の紙が集まりそうなので、完成するまでに攻撃しながらの演奏に慣れておきたいです
スポンサーサイト

MHF-Zの確認のつづき

MHF-Zの確認のつづき
2017年2月1日中間UPデート
2017年4月19日中間UPデート
ZB_1024_768.jpg
 MHF-Zの確認のつづきです。前回の記事はMHF-Zになった2016年11月9日のUPデート情報をまとめたので、今回はその後につづいた中間UPデートについてまとめましょう!ほとんど追加された新モンスターについての内容となっております。この時期にはロマサガやニーアのコラボなどもありましたがガチャがメインなので割愛。カイジみたいに広場になにか設置してくれるとうれしいですゲーム的にも記事的にも

PS4向けプレビュー(公式サイト)



 2月中間アップデート 2017年2月1日

新モンスター「ケオアルボル」の実装
辿異種「ティガレックス」「アクラヴァシム」の実装
新スキル「猛進」の実装
「ボックス拡張サービス」の開始
双頭&無双襲撃戦にて外装券が入手可能に


 新モンスターである「ケオアルボル」は歌姫狩衛戦・真説の猟団迎撃戦にのみ登場します。新スキルの「猛進」がついた防具や装飾品が作れたので乱獲されていましたねモンスター自体はとても良く出来ていましたがエラーで頻繁に落ちる・尻尾の切断がうまくいかないなど不具合が多く見られるクエストでした…それと1回目の配信時だけケオループと呼ばれるケオを4人で回せばずっとケオのクエストが受けれるという状態が起きたり、修正された次の開催時にはケオを貼った人がリタイアする事でケオを延々貼り続ける事ができるという不具合(?)が発生。BANされた人も居たとか居ないとか…。エラー落ちの対策でクリアするまで受注権利が消えない様にしたのを悪用されたのでしょうねそんな逸話がぞろぞろ出てきますが、モンスター自体はとても完成度が高いと思っています。4人で戦うモンスターとしてモンスターの大きさ・体力が丁度良く、砦を守る為のギミックもきつ過ぎずゆる過ぎずで狩っていて面白かったです

 新しく追加された辿異種「アクラヴァシム」はシャガルがまだ実装されていなかったので、対策が非常に厄介でした…。原種と同じく結晶やられもさることながら、麻痺やられも用いるので耐状態異常多種まで発動させないと厳しかったですね~。尻尾の切断は大まかにでも体力を見据えていないと失敗する事が多く、PTの火力によって切断までにどれだけ削るのかが重要でした。トイボックスは非秘伝から不退持ちまで幅広く在籍しているので調整が結構難しかったですね作成できる武具ですが、武器は麻痺属性で便利な武器が多く防具はガードに特化したスキル構成が多いです。実装してからかなりの数を狩猟しているのでそろそろ武器・防具全部揃いそうです(隙あらば自分語り)毒もそうですが麻痺も好きなんですよね麻痺武器は敵を選ばないのがGOOD!ランクが高いアクラは強敵ですがそれに見合った性能だと思います

 辿異種「ティガレックス」のほうは「出血やられ」という新しい状態異常を用います。これはご存知の通り出血ダメージがメインですが、他にはヘイト値の上昇やwikiによれば特定の行動を誘発するのだとか…調べて見るとどうやら飛び掛りでガブガブする攻撃を誘発するそうです一応同時期に実装した「止血玉」で回復が可能ですが、焦って回避(ごろりん)すると余計にダメージが増えます。安全な位置に移動するときはまず納刀するか、抜刀ダッシュで移動した方が無難ですね作成できる武具ですが、防具の辿異スキルが鼓舞・閃転・適応撃とちょっとメジャーではないですね。自分は鼓舞を入れる場合によくHITします武器の方は全て無属性でリーチ極長のものが多いのです。リーチ極長のクセは強いですが無属性で敵を選びませんし、辿異スキルが耳栓強化と便利なので辿異武器なにから作ろうかな?と考えてる人にはいいのかもしれませんねモンスター自身の事については特に思い返すこともないかな…?大して強くもなかったですし

 「ボックス拡張サービス」については以前の記事でちょっと触ったかな?意外に利用してる人は多いみたいでボックスの圧迫が目立っているみたいですねどこかのブログかまとめか忘れましたが、ボックスの拡張つまりデータを保存する量には限度があるので、サーバーを拡張する必要があるみたいですね。その拡張には膨大な費用が掛かりますし、維持もするとなるともう大変…。そういう事を知るとお金を払うのは仕方ないかなぁ?とも思えますが、素材の種類を減らせばいいだけではないかとコッソリ思っていたり…変種の頃の素材Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの表記や素材の分かり易さはシステムチックで結構好きでしたよ?ルーツの素材なんかも10種類も必要ないと思いますし無駄に種類を増やさず少ない種類で確立や必要ポイントを変えればある程度緩和できるような気がします分かってて課金を促しているなら最早何も言いません…これも商売ですしね



 4月中間アップデート 2017年4月19日

新モンスター「シャガルマガラ」の実装
辿異種「ギアオルグ」「ヒュジキキ」の実装
「極ノ型」の習得条件変更
装飾品の一括回収が可能に
工房での生産・強化時に素材を購入・交換が可能に
ハンターナビのリファイン
サーバー1・2の統合


 このUPデートでは遷悠種「シャガルマガラ」が実装。とにかく頭が壊れなかった一部では散弾で壊すのが流行っていましたがトイボックスではほぼガチンコで壊していましたね…ぐねぐね動くのでとても大変でしたが、手練れのハンターが多くて助かりました武具についてですが、防具の方は耐状態異常多種が発動しますがマイナス耐性がすごい…!ま、まぁ属性耐性が必要なモンスターと、状態異常の耐性が必要なモンスターは別々ですからね…と思っていましたがフルフルが居た…!そして最近ルコが実装! OTL この2体は仕方なしに団飯を活用するとして、他の辿異モンスターは概ねどちらかしか必要ありませんので属性耐性の確保できる装備と、シャガルを入れた状態異常に対応できる2つの装備を作っておけば便利かもしれません一方武器の方はなんと防御が-500に!びっくりするぐらい防御が下がりますが武器の性能は実は高い近接武器は全て会心40%以上で閃辿が発動していたら辿異武器に匹敵するぐらいです。おまけで早食いも発動します!お勧めです!今週から歌姫のGP交換リストにHR・SR帯で入手が面倒だった純白の龍鱗や逆鱗、光玉なんかの素材が交換できるようになっているので、興味のあるかたはぜひ作成してみてください

 ここで追加された辿異種は「ギアオルグ」と「ヒュジキキ」の2頭。どちらも根性を貫通してくるので苦手です…ギアの必殺技でメゼ広場に戻される攻撃(不具合)は未だに残っていますがいつ修正されるんでしょうね?度肝を抜かれる攻撃ですが死んだヤツが悪いと割り切りましょう。ハンターの世界は厳しいのです…冗談はさておきギアはGR400から使用してくる2連尻尾攻撃が非常に厄介で近接ではいかにこれを回避できるかに掛かっていました。いつの間にか自分含めまわりは弓を装備していましたが尻尾自体高い位置にありますし、即死コンボも防げるので理に適っていますし仕方ないです実装されてからすでに半年経っていますが、武具が高性能なのもあって未だに募集が流れていますね~。武器の方は纏雷強化がついていて無駄がないですし、防具の方もスキル枠拡張・巧流強化・巧撃強化と優秀です。余談ですが通常のギアと違い脚が部位破壊でき、それに合わせて通常のギアも破壊できるようになっていましたね。不具合だったかな?

 ヒジキの方は出血やられのうえ避雷針やられまで用いてきます。収縮した毒袋という素材が入手できる通り、通常種のように状態異常攻撃は使用しませんが(落雷で麻痺しますが)背中の針の攻撃が苛烈になっていました。特に覚醒時における極太の落下針は即死級なので何がなんでも回避したい…。ガード武器であればカウンターが狙えますが結構シビアですね…失敗すると乙りますし実際最初に実装した4体並に強く調整したようで、本来の辿異種はこれだけ強いんだという事が伺えます武器についてはティガと同じく無属性ですがこちらは会心が高くリーチも長止まりなので扱い易いです辿異スキルは耐震強化と敵を選びますがアクラに対しては特化してるとも言えますね(無属性・リーチ長・要耐震)。ただ改武器なったG級武器のデザインを踏襲してくれてなかったのがちょっと残念…使用してる人はかなり居たはずでしょうしデザインがそもそも良かったですしね防具の方はガード性能強化・反射強化など主にガード向けに調整されてます。ランスやガンスをメインに使ってる人は結構利用しているのではないでしょうか?

 システム面に関するリファインでは武具の強化の際、必要な素材を購入・交換が可能になりました。これによりあっち行ったりこっち行ったりする必要がなく工房の中だけで足りない素材を調達することが可能になりましたねなぜか狩煉道だけ対応していませんが調整中なのかな?秘伝の作成や最近精錬珠を直接生産するのにも1%素材を使うので対応してくれると助かりますあとは装飾品の一括回収が可能になったことですね!これは本当にありがたい装備セットをたくさん作ってる人もこれには大満足でしょうひとつひとつ装備してる珠を探すのは本当に面倒でしたからねぇ…。サーバーの統合は珍しく大事なく完了し、新規の方々は同じサーバーへと移り変わりました。正直なところ大きな不具合が絶対出ると思っていましたすいませんどうやら合併するのを見越してサーバーを構築してたそうです

wallpaper02_2560_1600 (800x500)

 こんなところでしょうか?実装されてから大して経過していないので、振り返るというより現状の確認みたいになってしまいました。でもまとめる事が出来たのでこれで良しとします10周年記念大型アップデートがこの後に続きますがみんなが忘れた頃に振り返ることにします!長い記事を読んでいただきありがとうございました




辿異レウスとドドの事すっかり忘れてた!

MHF-Zの確認

MHF-Zの確認
2016年11月9日UPデート
ZA_1024_768.jpg
 MHF-Zになり早1年が経過しました!月日が経つのは早いですねこのUPデートから極の型が実装され全武器種のモーションの変化や追加、それと棍や斧以外も抜刀ダッシュが可能となり今まで以上にスタイリッシュな狩猟が可能となりました!辿異種もここで実装され新しい状態異常や耐性やられなどに四苦八苦していたかと思います今回は過去のUPデートを振り返る記事です

アップデート情報(公式サイト)
プレビューサイト(公式サイト)



 モンスター・フィールド

辿異種「エスピナス」「ダイミョウザザミ」「フルフル」「ヒプノック」の実装
新モンスター「ゼナセリス」の実装
遷悠種「ゴア・マガラ」の実装
新フィールド「彩の滝(いろどりのたき)」の実装


 辿異種は特定の部位が異常発達したモンスターの総称でGR200から狩猟できます。最初に実装されたのは「エスピナス」「ダイミョウザザミ」「フルフル」「ヒプノック」の4体。実装当初は当たり前ですが対策スキルが発動できなかった為かなり苦戦を強いられました特にフルフルとザザミは強烈で遷悠防具の耐性値マイナスのせいもあって必要な数値に届かずジリ貧で戦っていたように思いますどいつもこいつも即死に繋がる攻撃を仕掛けてくるのでとても大変だった…

 新しいフィールドの「彩の滝」にはG級モンスターの「ゼナセリス」が登場しましたが、完全に辿異に喰われていましたねゼナ自体は☆7にしては狩猟しやすくイベントもあったので素材も集め易かったのですが、防具や装飾品に付いている新スキルは「超回避」…これは攻撃スキルではないですし、遷悠防具のナルガシリーズがあったため見向きもされなかった模様…発動させるのにもゼナ防具で固めるかゼナの精錬珠をたくさん入れる必要があったので、スキルを発動し難かったのも流行らなかった原因の一つかもしれません一方作成できる武器の方は全て会心100%と面白い性能。近接武器に至っては切れ味は紫と空ゲージのみ!ただこの時期に実装されたモンスターに水が弱点のモンスターが居なかった事が唯一残念でならない…でも閃転や贅撃ととても相性のいい武器で実はポテンシャルはかなり高いです!

 このUPデートで左遷されてきたモンスターは「ゴア・マガラ」です。ゴアは本家と同じく狂竜ウイルスを保持(保菌?)しており、ハンターも同様に感染します。感染しても攻撃を重ねる事で克服でき「狂撃化状態」となり会心率が上昇します(+15%)。その状態で更に攻撃を重ねると2段階目に突入し、眼が赤く光り出し会心率がまた上昇します(+5%)。逆に克服できずに狂竜症を発症してしまうと様々なデバフ効果(主にダメージ増加・スリップダメージ・体力の赤ゲージ消失など)が発生するので出来るだけ避けたいですね。一応ウチケシの実で遅らせることは出来ますが感染を防ぐ手立ては今の所ないようです。ついでに2段階目の効果はフロンティア独自の仕様らしいです遷悠種防具の効果は「集中」、装備する事で自動で発動します(実装時になぜか頭だけ集中が発動しない不具合がありましたが…)。耐性の低さを考慮してもとても便利な防具でしたが、最近はアニバ防具で発動させてる方が多いですねこのUPデートにて遷悠クエストの報酬の仕様変更がされたのでコモン素材が地味~に集め辛かった記憶がありますあとHR・SR帯の逆鱗も



 システム

新スタイル「極ノ型」の実装
歌姫狩衛戦・真説の実装
クイックパーティの実装
レジェンドラスタ・クロエの追加
状態異常「猛毒」「水属性やられ特大」「雷属性やられ特大」「熟睡」の実装
HLリワードの実装
キャラクタークリエイションのリファイン


 このUPデートで極ノ型が実装!今はG級に上がれば即使用できますが、実装当初はGR300から解禁で嵐ノ型を解放する必要がありました。基本的に今までの型の上位互換になるようですが、事情により銃槍や棍では別の型で使う人も居るとか。共通する仕様として抜刀ダッシュが可能となっており、任意での受け身も可能となっています。各武器種の特徴は現在進行形で記事にまとめているのでよかったらそちらを見てください

 歌姫狩衛戦・真説は紆余曲折を経てやっと今の形に落ち着いたようですね祈祷の章・戦歌の章・歌迎の章と3週に渡って行われるイベントとなり、祈祷の章では歌姫武器の入手やGP獲得。戦歌の章では歌迎の調べの入手やこれまたGPの入手。歌迎の章では特別猟団部屋で特殊なアイテムの交換ができたり、天籟の祈珠の消費なしで歌姫の歌を聴くことが可能になります。ケオアルボルの素材やカタンテ等の生産素材はこのイベントでしか手に入らないですし、GPも大量に集めることができるのでパートナーの強化や素材の交換も捗るでしょう。今やGPと狩煉道ポイントでほとんどの素材が交換できるようになっているので装備が整ってない人は積極的に参加するのがいいと思います

 クイックパーティが実装されましたが残念でならない使ってみるといきなり求人区の部屋にぶち込まれるだけで気まずい思いをするだけという…マニュアルによるとお助け機能として使うものらしいですが、たぶん機能してない…ですよね?今なら狩煉道に行きたい人達をどこかのランドにまとめるような機能になれば活躍しそうな気がします

 新しく追加された状態異常は「猛毒」「熟睡」、それと各属性やられですね。属性の方は耐性値が55以上あれば防げますが猛毒や熟睡は軽減するだけで完全に防ぐ事はできません。実装時の辿異ヒプや辿異ナスの状態異常はかなり脅威でした…ヒプはみんなで起こしあい、ナスはみんなで粉塵がぶ飲みで凌いでました最近はこの辺の耐性値や状態異常に対応できる装備作りが基本となっている気がしますシミュは条件が複雑なほど面白い

 HLリワードが実装され武器や防具、それに外装券がもらえるようになりました。防具の強化素材は課金防具と同じで超簡単なので、装備が整ってない方や辿異が難しい人はこれらを活用するといいかもですねいつの間にか武器も辿異武器に強化できるようになっているので、お手軽に辿異武具の入手ができるようになりましたね



 装備・スキル

辿異武具の実装
外装変更システムの実装
新スキル「超回避」の実装
既存スキルの調整
武器のバランス調整


 辿異種が実装されたことで辿異武具・スキル・カフが同じく実装。特に注目を浴びていたのはスキル枠拡張のスキルですねこれまでは12スキル+α(遷悠スキル)だったのが、最高で19スキルまで発動可能に…!さすがに実用レベルで19スキル構成は無理がありますが、スキルもりもりの15スキルぐらいで組んでる人がかなり増えました辿異スキルの面白いところはただ発動数を増やすだけでなく元々のスキル効果を伸ばす事もできる点。これによって装備の幅がかなり広がったように思います個性が出て面白い

 外装変更システムが発表された時は歓喜の声が多かったですが、仕様が分かるにつれ不満というかコレジャナイ感がすごく出てきてましたね自分はどんな仕様であれ、これはおかしい!変更しろ!とは言いませんが、こうだったら良かったのになぁとは思います全部が全部自分基準で作られているわけじゃないですからね。最近実装した功労クジもポイントが高すぎるなんて目にしますが、ゆっくりやっていけばいいだけの話ですし自分は珠秘伝が完成してて、ハンキャリもGSRもカンストしてる武器は使わないようにしてましたが、これの仕様のせいおかげでたまには使おうかな?となりました。自分の都合のいいように適当に組み込めばストレスなく利用できるではないでしょうか

 既存スキルの調整は一部のスキルの発動ポイントが下がった事と、一番でかいのが絶対防御の下方修正ですね。たくさんの方が悲しんでいたかと思います他のスキルは概ね上方修正されていて、反射のエフェクトでPTメンバーが怯まなくなったり、抜納術には武器捌きの効果が含まれるようになりました。元々攻撃スキルではなかった吸血や煽動には攻撃力UPの効果が追加されているのですが、攻撃スキル以外ほとんど使われてない事を懸念されての変更なんでしょうかね?

 武器のバランス調整は全ての武器種で行われています。書き切れないので要点をまとめると棍は下方修正、その他の武器種は上方修正です…!出る杭は打たれるのです!そうパイルバンカーの様に…!(?) 真面目に書くとまずガードの性能が大幅に強化され、どの武器種もこれまでスタミナが持たない!削りダメージが痛い!なんてこのにならずに安心してガードできるようになりました攻撃からガードへ移るタイミングも早くなっているので、とっさにガードしても間に合うようになっていますね後は溜め行動中のSAの付与。大剣のみあったのが鎚や斧にも適用されるようになり転んだりしなくなりました。後は共通して回避入力がしやすくなった事ですね~。

wallpaper01_2560_1600.jpg

 辿異種も最初の4体の後は「リオレウス」「ドドブランゴ」と続き、2月の中間UPデートには「ケオアルボル」と一緒に「ティガレックス」「アクラヴァシム」と順次狩猟解禁。中間UPデートがいくつか続くので次に回し今回はここで終わりとします早くインして装備の更新をしなければ…!

冬ラスタ

 ラスタ装備の記事です!ガイコツの人に冬用の温かい(?)ラスタ装備をご所望されたので組んでみました!もふもふな見た目の装備がいいと言ってましたが、たぶんガウシカのことを指してる気がしたので出来るだけ組み込みました笛ラスタなので武器スロットは3スロットと2スロットの両方で作成、ガウシカに付いてる余計なスキルを発動させないように剛撃か一閃を発動させてます。


武器スロ3剛撃3発動

武器スロット3
 ヒプノ剣珠GX5, ヒプノ剣珠GX5, ヒプノ剣珠GX5
ネコHSピアス【慰労】
 ヒプノ剣珠GX5, ヒプック剣珠GX1, オルドル剣珠GX1
ガウシカHSベスト
 オルドル剣珠GX1, ヒプック剣珠GX5, ヒプック剣珠GX5
ガウシカHSグローブ
 ヒプック剣珠GX5, ルコ剣珠GX2, モノデビ剣珠GX3
ガウシカHSフォールド
 レイレス剣珠GX4, レイレス剣珠GX4, レイレス剣珠GX4
ガウシカHSフット
 レイレス剣珠GX4, リアルオ剣珠GX1, リアルオ剣珠GX1
プーギー服なし

防御値:735 スロット:●18○0 火:6 水:6 雷:6 氷:6 龍:6

発動スキル
剛撃+3,剣神+2,豪放+3,激励+2,青魂
薬仙人,紅焔の威光+2,劇物取扱皆伝,支援,いたわり+1
(ダメージ回復速度+2),(広域化+1),(調合成功率+15%),(回避性能+2),(早食い)


武器スロ3一閃2発動

武器スロット3
 ヒプック剣珠GX1, ヒプック剣珠GX1, ヒプック剣珠GX1
ネコHSピアス【慰労】
 ヒプック剣珠GX1, ヒプック剣珠GX1, ゴゴ剣珠GX1
ガウシカHSベスト
 ゴゴ剣珠GX1, ゴゴ剣珠GX2, ヒプノ剣珠GX2
ガウシカHSグローブ
 ミヅハ剣珠GX2, ミヅハ剣珠GX2, ミヅハ剣珠GX2
ガウシカHSフォールド
 ミヅハ剣珠GX2, ミヅハ剣珠GX2, ミヅハ剣珠GX2
ガウシカHSフット
 オルドル剣珠GX1, オルドル剣珠GX1, パシオ剣珠GX4
プーギー服なし

防御値:735 スロット:●18○0 火:6 水:6 雷:6 氷:6 龍:6

発動スキル
一閃+2,剣神+2,豪放+3,激励+2,青魂
薬仙人,紅焔の威光+2,劇物取扱皆伝,支援,いたわり+1
(ダメージ回復速度+2),(調合成功率+15%),(回避性能+2),(早食い)




武器スロ2一閃1発動

武器スロット2
  ヒプック剣珠GX1, ヒプック剣珠GX1
ネコHSピアス【慰労】
 ヒプック剣珠GX1, ヒプック剣珠GX1, ヒプック剣珠GX1
ガウシカHSベスト
 ゴゴ剣珠GX1, ゴゴ剣珠GX1, ヒプノ剣珠GX2
ガウシカHSグローブ
 ヒプノ剣珠GX2, ミヅハ剣珠GX2, ミヅハ剣珠GX2
ガウシカHSフォールド
 ミヅハ剣珠GX2, ミヅハ剣珠GX2, オルドル剣珠GX1
ガウシカHSフット
 オルドル剣珠GX1, オルドル剣珠GX1, オルドル剣珠GX1
プーギー服なし

防御値:735 スロット:●17○0 火:6 水:6 雷:6 氷:6 龍:6

発動スキル
一閃+1,剣神+2,豪放+3,激励+2,青魂
薬仙人,紅焔の威光+2,劇物取扱皆伝,支援,いたわり+1
(ダメージ回復速度+2),(調合成功率+15%),(回避性能+2),(早食い)

mhf_20171113_193012_491.jpg




 ガウシカヘッドを使いたいならこれかな?パシオの足なら見た目を損なわないのでこれが無難かもですただ祭り珠を大量に使っているので作成難易度は高いです…

武器スロ3一閃1発動

武器スロット3
 ネコ【慰労】珠GX, マグシア射珠GF1, ヒプック剣珠GX1
ガウシカHSヘッド
 ヒプック剣珠GX1, ヒプック剣珠GX1, ヒプック剣珠GX1
ガウシカHSベスト
 ゴゴ剣珠GX1, ゴゴ剣珠GX1, ヒプノ剣珠GX2
ガウシカHSグローブ
 ヒプノ剣珠GX2, ミヅハ剣珠GX2, トヨタマ射珠GX5
ガウシカHSフォールド
 オルドル剣珠GX1, オルドル剣珠GX1, オルドル剣珠GX1
パシオHSグリーヴ
 オルドル剣珠GX1, オルドル剣珠GX1, オルドル剣珠GX1
プーギー服なし

防御値:740 スロット:●18○0 火:6 水:6 雷:6 氷:6 龍:6

発動スキル
一閃+1,剣神+2,豪放+3,激励+2,青魂
薬仙人,紅焔の威光+2,劇物取扱皆伝,支援,いたわり+1
(ダメージ回復速度+2),(調合成功率+15%),(回避性能+2),(早食い)

mhf_20171113_192950_658.jpg


 以上です!精錬珠の作成は直接生産でだいぶ緩和されたので後は祭りとイベント系がネックですね~。今回の記事の装備はいたわりさえ防具で発動させておけば同じスキル構成にできるので、まだラスタ装備を作ってない方はぜひ好きな見た目で組んでみてください

鎚の思い出

 シーズン・フォワード時代の鎚は、スタン以外にも麻痺や罠もまだまだ有効な敵が多かったので色んなところで活躍してたはずですが…自分含め使う人がまわりにほとんど居ませんでしたあまり使ってはいませんでしたが武器のデザインが特徴的で面白く収集するのは好きでしたけどね一番最初に作ったのはゲリョスの頭の形をしたヴェノムモンスターだったはず(うろおぼえ)毒怪鳥の頭という強化素材が剥ぎ取り1%の割にたくさん出たので何気なく作ったのがきっかけだったかな?フロンティア初期の頃はゲリョスの鎚の他にエスピナスの頭やギザミの殻をモチーフにした大して強くもないのを適当に使ってた気がします

 メジャーな武器でいうと、ネブララピス・紅爪ノ鎚・怒髪大鎚あたりが活躍してたかな?(それぞれラピス・カニハン・グ鎚と呼ばれていました)これ以前であればカイデンハンマーやミラバスター系を使ってる人が多かったような気がしますこれらの武器が作成できた当初はコレ以外に選択肢はないってほどで、それぞれ時代を築いた感がありますね~。特殊な武器で言うとラージャンスタンプ(リーチ:特殊A)という謎の武器があるのですが覚えている方はいますか?武器の長さであったり特殊効果が付いた武器は大体シリーズ化して増えていくものなんですが、これだけほったらかしなんですよねぇ…謎のアタリ判定がいけなかったのか、はたまたデザインが悪かったのか…謎は深まるばかり

mhf_20170827_032440_523.jpg

 実装当初の秘伝防具の話になりますが、鎚の秘伝防具は…いや他のも大概ですが、デザインが賛否両論で好き嫌いがきっぱり分かれる感じでした。が、今はなんだか人気の高い防具になっていますね某掲示板のイラストスレなんかでは密かに人気だったのを知っていましたが、いつの間にかメジャーな感じに…とてもキレイなイラストを描かれていたので影響されて好きになった方が増えたのかも?そういえば最近のUPデートで功労クジが実装されましたね。各秘伝防具の外装券が当るみたいなので自分はもちろん鎚の秘伝防具を狙っています!クジを引くために必要なポイントが1万と多いのでまだ2回しか引けてませんが、アメジスト・ガーネットときてるので次あたりには…ゴクリ!まぁそんなほしいものが簡単に引けるわけないので根気良く引いていきたいと思いますそれでは~ノシ